右折

右折信号がない場所などでの右折は、なかなか大変なことなのではないでしょうか。対向車線の車通りがいつまでも途切れないときなどは、赤信号のタイミングで右折するしかありません。しかし、赤になったからといって、必ずしも対向車線の車が止まってくれるわけではないでしょう。むしろギリギリだから「渡ってやろう」というように猛スピードで突っ込んでくる車もないとは言い切れません。右折の時に気を付けなければいけないことは、自分の目で確認した情報以外は信じないということでしょう。相手が止まってくれるだろうなどと予測運転に頼っていると、いずれ事故を起こしかねません。事故のほとんどは交差点でおきているということが、この予測運転の危険さというのを物語っているでしょう。教習所や合宿免許で教わるように、安全確認のために、まず対向車の動きを見ましょう。相手は、あなたのように交通ルールを順守する人ではないかもしれません。もし、危険運転をしていて、いまにも突っ込んできそうな車を確認したら先に行かせるのが得策でしょう。それから右折しても遅くはありません。たとえ左右の信号が青に変わったとしても慌てることはないのです。なぜなら左右の車はあなたの車が見えているのですから、信号が青に変わったとしても突っ込んでくることはないでしょう。そして右折の時にもう一つ重要なことは相手に自分の存在をアピールしながらゆっくりと運転することです。よく信号が変わりそうな時に慌てて交差点に飛び込んで右折してくる車がいますがこれは大変危険なことです。横断歩道を渡っている歩行者と事故になってしまうことがあるかもしれません。交差点に入ってから信号が変わったら、むしろスピードを落とすくらいのアピールをしながら運転すると、まわりのドライバーもそれに対処する余裕ができるため、事故になる可能性は大きくさがります。このように交差点で起こる事故というものはゆっくりと慎重に運転すれば避けられるものが多いのです。