パッシングへの対応

交差点を右折しようと停止しているときに、対向車線の車がライトでパッシングをしてくることがあります。これはどうぞ右折してくださいという意味と捉えられますが、教習所や合宿免許では教えてもらえない「暗黙の了解」でもあるでしょう。相手に感謝しつつ右折しようとすると、道路の端をスーっと通り抜けてきたバイクが飛び出してきて事故になってしまうということがあります。せっかく譲ってくれた車に申し訳ないので早く右折してしまおうと慌ててしまいますし、向こうからくる車両はないと決めつけてしまったのが原因ですね。パッシングした相手のドライバーがわるいのか、それとも渋滞を端から抜けてきたバイクが悪いのか。これについてはしっかりと確認をせず、右折をしてしまったドライバーに責任があると私は考えます。右折のときには自分の目で見て確認することが大事です。そのためには落ち着いてゆっくりと行動すること。確認するべきことが多いので慌ててはいけないのです。たとえば矢印信号のある交差点で右折しようとしたとき、まえにトラックがはしっていたとします。この場合トラックが邪魔で信号が変わったかどうか見られないことがあります。そのトラックが右折の信号が消えたにも関わらず強引に右折していって、それに続いていってしまったあなたは事故にあってしまうかもしれません。なので私はトラックのすぐ後ろにはつけず、少し離れて信号を自分の目で確認できるところまで離れるようにしています。また右折の矢印信号がない交差点の真ん中で右折を待っている車が何台かいるときにも気を付けています。みなさんにも覚えておいていただきたいことがあります。右折の矢印信号がないとき信号の変わり目で右折できる車は一台、多くて二台です。そこを三台、四台と強引に曲がろうとする車もいますが、そうなると急いで右折しなければならくなり、自ら事故を招いてしまうことがあります。交差点に二台以上の車が右折を待っていたら、停止線で止まって起き、次の信号を待ちます。こういったことが右折の時の事故を減らすことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です