歩行者と自動車

 運転手は歩行者の通行を優先し、彼らの安全を保護することが求められます。横断歩道においてはもちろんのこと、それ以外の場所でも、歩行者や自転車が横断しているのを見かけた時は、道を譲ってあげましょう。横断歩道の近くでは常にスピードを落とせるような運転が大切になりますし、停止線がある時は、必ずそこで止まるようにします。横断歩道の近く、具体的には30メート以内の範囲では、危険が常に付きまといますから、追い越しや追い抜きは禁止されています。

 歩行者は様々で、子どもや高齢者もいれば、車椅子で通行する人、盲目の人もいます。社会的弱者が安心して通行できる社会を作るためにも、運転手の配慮、思いやりが欠かせません。例えば通園バスが停車しているのも見かけた時、子どもの飛び出しを想定して徐行しなければなりません。遠く離れるまで細心の注意を払って子どもの動きに目を光らせます。通園バスの付近に限らず、通学路となっている地域では、普段から子どもたちの行動に注意を向けるようにします。

 ドライバー同士の配慮も非常に大切です。初心者や高齢者はスムーズに運転できないことも多く、こちらが苛立ちを見せると焦ってしまい、余計に運転が機能しなくなります。無理な幅寄せ、割り込みは禁物です。積極的に譲ってあげましょう。因みにドライバーが運転初心者かどうかは、若葉マークの有無でも分かります。  安全運転を心掛ける上で、速度、車間距離には最大の注意を払うことでしょう。しかしどれくらいのスピード、車間距離なら安全と言えるのかは、決まっているわけではありません。まずは規制速度、法定速度を守るようにしましょう。その上で、交通事情、天候等で状況が変化した場合は、更なる安全対策を実施することが大切です。

坂道発進

坂道での発進の際には、勾配の急な坂で操作が必要なハンドブレーキを使うパターンと、緩やかな坂のように使用しないパターンがあると言えるでしょう。マニュアル車の場合、急な坂道ではハンドブレーキを活用すると良いでしょう。まず最初にハンドブレーキを引き(この時、ブレーキ警告灯でハンドブレーキがかかっていることを確認しておきましょう。)、ギアをローにチェンジします。発進の場合は必ずローでなければ力が足りないので注意しましょう。それからアクセルペダルを少し強めに踏み、半クラッチ状態してから周囲の安全を確認しましょう。特に後方は死角も多いためなんども確認するようにしましょう。後退しないよう、アクセルの踏み加減に注意しながらハンドブレーキを戻し、エンストしないようにさらにアクセルを踏み込み、クラッチペダルを静かに戻すと、上手に発進できるようです。緩やかな上り坂の場合は、ハンドブレーキを使わず、ギアチェンジのみで十分のようです。チェンジレバーをローギアに入れたら、すぐに周囲の安全確認を行い、アクセルを踏みましょう。クラッチを戻し、エンストに気をつけながらアクセルをさらに踏み込むと良いでしょう。教習所のほか、近年では合宿免許も流行っているようですが、どちらの場合も、坂道発進の練習というのは満足にできない可能性もあるため、イメージトレーニングと練習を積み重ねておくと良いかもしれません。自身も納得できずに不安なまま車道で実践するというのは怖いものです。経験者の話なども参考にし、また、自身の車の感覚というのも身につけてから挑戦すると良いかもしれません。どちらにせよ、慌てず焦らず安全運転を心がけるようにすると間違いはないでしょう。

坂の途中で停止する

教習所でも合宿免許でも、あまり入念に指導されないけれど、実際に車を運転してみると「よくあるな~」と感じるのが、坂の途中で停止しなければならないというシチュエーションではないでしょうか。マニュアル車の場合、上り坂ではまず、少しずつ減速することが大切でしょう。それから停止目標になるものに合わせてブレーキを踏むようにすると良いでしょう。クラッチをやや遅めに切り、ブレーキを軽く踏んで止まり、止まったことを確認できてからしっかりとブレーキを踏み込みましょう。前に車がいる場合などには、十分に車間距離を開けてから止まるようにしましょう。下り坂では、アクセルペダルからブレーキペダルに足を移し、停止目標に合わせて減速するようにブレーキを踏んでいきましょう。クラッチはやや早めに切り、前に進んでしまわないようブレーキは強く踏み込みましょう。オートマ車の場合も、上り坂ではまず減速が基本となるでしょう。停止目標に合わせるようにブレーキを踏みますが、もし目標に達していない場合にはアクセルを踏んで調節すると良いでしょう。下り坂では、坂の角度によっては加速してしまう可能性もあるため、いつもよりも早めにブレーキペダルを踏むようにすると良いでしょう。ブレーキを踏むタイミングが遅かったり弱かったりしてしまうと、停止位置を超えてしまう可能性があるため、十分に注意して調節するようにすると良いでしょう。何れにせよ、前方に他の車がある場合には、しっかりと車間距離をとることを忘れないようにしておくと良いでしょう。また、カーブと同様、坂道によって様々な個性があるため、その坂道に合わせた感覚を早くつかむことが大切と言えるでしょう。

速度とギア

カーブなどでの走行の基本として「スローイン・ファストアウト」という言葉を耳にすることもあるのではないでしょうか。これは、カーブに入る時はゆっくり入り、その後は素早く抜けるという意味であり、カーブの手前での十分な減速と、カーブを曲がり終えてからの加速に慣れておこうということを表現したものと言えるでしょう。オートマ車でのカーブ走行の場合は、エンジンブレーキがかかりにくいという特性のため、カーブの入り口ではブレーキペダルを踏み、十分に減速して曲がる必要があると言えるでしょう。また、坂道の場合、勾配に応じた速度とギアを選ぶことが大切となるため、さらに操作は困難になると考えておくと良いかもしれません。坂が急な場合には低速ギアにして走行すると良いでしょう。マニュアル車の坂道発進の場合はアクセルをやや多めに踏み込み、半クラッチを維持することができればスムーズに発進できるでしょう。半クラッチはエンジン音と振動などの感覚で覚えておくとよりスムーズでしょう。短く緩い坂では、減速チェンジをせず、そのまま走行する方が良いでしょう。オートマ車の場合、チェンジレバーは変更しなくてもよく、急な坂の場合には、坂の手前で低速ギアにしておき、速度が落ちたと思ったら徐々にアクセルを踏み込みましょう。上り坂の途中で減速チェンジするかどうかは、坂を登り始めてから判断するようにしましょう。タイミングを逃さずに余力のあるうちに早めの減速チェンジをすると良いでしょう。上り坂の途中で加速チェンジするときは、十分に速度を上げておきましょう。早めに加速チェンジし、アクセルを踏み込むことが重要でしょう。教習所でも合宿免許でも注意されているかもしれませんが、下り坂でフットブレーキを使いすぎてしまうと、加熱によりブレーキパッドの摩擦が低下し、ブレーキ液の中に気泡が生じるため、ブレーキが効かなくなってしまう現象が起きてしまう可能性があるため注意が必要でしょう。

バック駐車を楽にするアイテム

バック駐車で困ることといえば当たり前の話なんですが後ろが見えないということなんです。ドアミラーやルームミラーだけではどうしても見える範囲に限界があります。車の前後左右の端がどこにあるのか、それさえわかってしまえばもっと駐車が簡単になるはずです。最近の車にはこういったバック駐車の悩みを解決するアイテムが搭載されています。

そのアイテムの一つがバックソナーと呼ばれるものです。これは超音波を使った方法で、車体が障害物に接触しそうになった時に警告音を出してくれるというものです。警告音が鳴ったらすぐに停止し、前に出してもう一度やり直せばいいのでぶつかる心配はありません。

これよりも便利なものはバックモニターです。これは車の後ろにカメラが付いており、車の後ろの映像を見ることができるのです。これならば後ろを振り返らないでもモニターを確認しながらバック駐車することができますね。これはギリギリまでバックで下がる際に本当に助かります。

とはいっても車をバックで注射するためにはたとえうしろが見えていたとしてもハンドル技術がないと意味がないですね。最近ではさらに技術が進んでおり、自動でバック駐車をしてくれる車なんてものも開発されています。ドライバーがここに止めたいというのを入力するとあとは車が自動で駐車してくれるんです。これらはどれも高価な装置ですがもっと安く済む装置があります。それは車の左端にポールを立てるというものです。見栄えはよくないですが、これがあると車幅感覚が分かりやすく、細い道で駐車しないといけないときなどに大変便利です。とくに前が長いセダンタイプの車にはおすすめです。

パッシングへの対応

交差点を右折しようと停止しているときに、対向車線の車がライトでパッシングをしてくることがあります。これはどうぞ右折してくださいという意味と捉えられますが、教習所や合宿免許では教えてもらえない「暗黙の了解」でもあるでしょう。相手に感謝しつつ右折しようとすると、道路の端をスーっと通り抜けてきたバイクが飛び出してきて事故になってしまうということがあります。せっかく譲ってくれた車に申し訳ないので早く右折してしまおうと慌ててしまいますし、向こうからくる車両はないと決めつけてしまったのが原因ですね。パッシングした相手のドライバーがわるいのか、それとも渋滞を端から抜けてきたバイクが悪いのか。これについてはしっかりと確認をせず、右折をしてしまったドライバーに責任があると私は考えます。右折のときには自分の目で見て確認することが大事です。そのためには落ち着いてゆっくりと行動すること。確認するべきことが多いので慌ててはいけないのです。たとえば矢印信号のある交差点で右折しようとしたとき、まえにトラックがはしっていたとします。この場合トラックが邪魔で信号が変わったかどうか見られないことがあります。そのトラックが右折の信号が消えたにも関わらず強引に右折していって、それに続いていってしまったあなたは事故にあってしまうかもしれません。なので私はトラックのすぐ後ろにはつけず、少し離れて信号を自分の目で確認できるところまで離れるようにしています。また右折の矢印信号がない交差点の真ん中で右折を待っている車が何台かいるときにも気を付けています。みなさんにも覚えておいていただきたいことがあります。右折の矢印信号がないとき信号の変わり目で右折できる車は一台、多くて二台です。そこを三台、四台と強引に曲がろうとする車もいますが、そうなると急いで右折しなければならくなり、自ら事故を招いてしまうことがあります。交差点に二台以上の車が右折を待っていたら、停止線で止まって起き、次の信号を待ちます。こういったことが右折の時の事故を減らすことができるのです。